大阪高石・羽衣地区再開発記録

まっさら

ご無沙汰してます。

前の記事で7月には〜みたいな感じで書いてましたが、案件に案件が重なってなかなか記事を書く時間すら取れず、気づけば秋口に

年度末までこんな感じですが合間をぬって続けていきますので、お付き合いください。
f:id:rivside:20170914194825j:image

敷地南端の建物がいつまでものこっていたのが印象的でしたが、やっと更地になってました。

f:id:rivside:20170914194913j:image
f:id:rivside:20170914194925j:image

ここにはタワーマンションが建つようです。

たしかにJRも南海も使えるのは便利ですよね

(ただJRは乗り換えがメンドイ)

 


f:id:rivside:20170914194431j:image

駅西口、三菱東京UFJ銀行のあたり

規則的に配列された提灯が綺麗です

 

だんじりイイですね

来年3月で長く通った高石にも、もう来なくなっちゃうので最後くらい見に行ってレポートしますね

お知らせ

プライベートが忙しく更新を一旦停止します
高石にもしばらく行けません……

再開見込みは7月過ぎを予定しています。


では、また今度。

鳳・東羽衣 案内標識更新

f:id:rivside:20170526195123j:plain

鳳駅の案内標識が更新されました。

この標識自体、今までなかったものなので新しく設置された、と言ったほうが良いのでしょうか

 

南海本線との接続に関しては、今まで案内が不足していたのでありがたいです

 

f:id:rivside:20170526195226j:plain

f:id:rivside:20170526195337j:plain

まだ旧式のものと混在しています。

いずれ切り替えられるでしょう。

 

f:id:rivside:20170526195357j:plain

こちらは東羽衣駅に設置されたもの。

鳳駅での羽衣線のラインカラーは青色だったのに、こっちは灰色とよく分からないことになってます(?)

 

最近のJR西の案内標識はどことなくJR東風になってきていますね

羽衣地区

f:id:rivside:20170524115203g:plain 

 

羽衣地区の概要を紹介します。

南海とJRの交差地点を中心に街が形成されています。

 

図の矢印は駅出入口です。

現在は破線部が封鎖されたのでJRと南海の乗り換えは踏切を渡るか、大きく迂回しなければなりません。

 

記事の時系列がバラバラなので今度いったん整理します……

東羽衣駅旧降車ホーム外観

 

f:id:rivside:20170523133910j:plain

f:id:rivside:20170523133934j:plain

東羽衣駅降車ホームの外観です

画像上部の出っ張った部分が元の降車ホームになっています。

 

使われなくなった降車ホームを取り壊すのかどうかは分かりませんが、このままでは下の商店が建築制限に引っ掛かり、むやみに改装出来ないと思います。

なので、多分取り壊されるでしょう。


f:id:rivside:20170523134012j:plain

駅の高架下は駐車場やだんじりの山車の車庫に利用されています。

東羽衣駅降車ホームその後

f:id:rivside:20170522201618j:plain
2017/05/22現在、降車ホーム鳳方面側の階段はこのように白いパネルでかたく閉ざされてしまいました
関係者用の扉があるのは工場用かと思われます

f:id:rivside:20170522201759j:plain
降車ホーム南海方面側の階段も同じく。
集成材を用いたベンチが置かれていました。待合室代わりでしょうか……
でも15分間隔で電車が来るので、たまに友達を待つ中高生が使ってるのを見るくらいです。